Twitter再開しました

告知・宣伝用にないとやはり不便だなと痛感しました。

本当につぶやくだけになると思いますが、どうぞ。

ホームページリニューアル/note閉鎖などのお知らせ

見ての通りなのですが、放置しっぱなしだったホームページをリニューアルしました。ついでにタイトルもまた変更しています。

 

それから、ブログみたいな扱いで利用していたnoteを今月いっぱいで閉鎖することにいたしました。

noteに書き散らしたものは再利用しないと思いますが、有料マガジンでやってた大学入学以降の話は何かしらで形にしたいと思ってます。たぶんKindle書籍とかで。

ここも含めていろいろなところにお金を払ってプラットフォームを乱立したのですが、やはりホームページだけでいいなと、一周回って感じました。サーバー代とか、割と洒落にならんし。

これからはホームページをフル活用していきたいなという所存です。

 

第三十回文学フリマ東京(5/6開催)での出店見送りのお知らせ

 

参加を予定しておりました5月6日開催の第三十回文学フリマ東京ですが、昨今のコロナウイルスに関する状況を鑑みて、出店を取りやめることに致しました。

4月上旬までに検討することを考えていましたが、3月下旬になりましても騒動の収束が未だ見えず、自身の今後のスケジュールを考えた結果、早めの判断をさせていただくことになりました。

楽しみにして下さった方には大変申し訳ない限りですが、ご理解いただけますと幸いです。

また、「第三十回文学フリマ東京」自体は、現在のところ開催予定だそうです。

2020.3.26追記

第三十回文学フリマ東京は開催中止となりました。

 

発表予定であった短編小説集『こちら側のきみ』、中編小説『ビデオの中の私たち』の今後の発表は未定です。

 

 

早乙女かな子

 

Twitterアカウント閉鎖・文學フリマ出店検討のお知らせ

本日はお知らせを2つ、失礼いたします。

 

①Twitterアカウント閉鎖の件につきまして

2月いっぱいでTwitterアカウントの運営を終了しました。

もともと編集者に、宣伝用のツールとして勧められたため、そのような目的でTwitterアカウントを運営しておりました。

ですが、先月おかげさまで『パンツははいておけ 中卒フリーターが大学進学した話』を出版できたこともあり、

Twitterでの宣伝は以上をもって終了することにしました。

以降の執筆活動につきましては、どうぞこちらのホームページでご確認いただけると幸いです。

noteの方では、ブログに近い形の近況報告をしていきたいと思います。

 

 

②文学フリマ東京(5月6日開催)の出店検討

出店を予定している文學フリマにつきましてですが、

諸般の事情により、出店を取りやめようかと検討しております。

主な要因としてはコロナウィルス感染拡大に対する懸念です。

くわえて、その影響で自身の(執筆活動以外での)スケジュールも大幅に変更される見込みがあり、不確定要素が多いためです。

 

少なくとも、4月前半までには参加の可否についてこちらで表明したいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

早乙女かな子