自分を育て直す

ありがたいことに、『パンツははいておけ』が色々な場所で紹介されていて、どんな紹介のされ方をしているのかなと見てみると、「虐待」という文脈で登場していて、ちょっとびっくりしてしまったのだ。

私、自分が虐待されてるって思ってなかった。

 

虐待という概念は、私が小さい頃から既に世に浸透していた(それだけ、世の中に虐待が増え始めていたともいえる)。

小学校の廊下には、「ごはんを食べさせてもらってる?」「おうちのひとからぶたれてない?」「なにかあったら周りの大人に相談するか、電話してね」と吹き出しで言わされているキャラクターのポスターが貼ってあって、それを見るたびに私は、「ごはん食べさせてもらってるし、ぶたれてもいないから、私の親はまともなんだ」と自分に言い聞かせて安心していた。

ちなみに中学生ぐらいの時に一度書かれている電話番号に電話したことがあったのだが、やる気なさげなスタッフが電話に出て、そのときの家庭での事情を話したら「で、どうしたいの?」と冷たい声で言われて思わず電話をブチ切りしたことがあったな。

 

私が好きな漫画『こどものじかん』(私屋カヲル、双葉社)に、まさにドンピシャなシーンがあって。

兄ばかりを愛する母親から、モラルハラスメントのような虐待を受けているメインキャラの一人、美々ちゃん。

 

 

そう、私も本当にこういう状況だった。

だから、大人になって本を出して、それについて各所で言及してもらった時に、初めて自分がされていたことを「虐待」という言葉で形容されたときに、すごく驚いたのかもしれない。現に自分ではエッセイの中で一度も虐待という言葉を遣っていない。でも、それと同時に、なんか安心した気もしたのだ。

でもきっと私の両親は、自分のしてきたことは虐待だと認めないだろうし、私もそれでいいと思ってしまう。不思議と、意地でも虐待だったと認めさせたいとか、謝ってほしいとか、そういう感情はない。もう終わったことだと思っているし、親も、人間として未完成な存在だったから。

というか、人間とか、生きとし生けるもの、みんな死ぬまで未完成なんじゃないかな。

 

だから今更ふつふつ怒りが湧いてくることもなく、時間の経過とともに、波が引いて穏やかになっていくような、そんな感じ。

それに、親から離れてからの方が人生長いものなので、私は、私を、自分の手で、じっくりと育て直していきたい。

 

そのためには、いっぱい美味しい物食べて、いっぱい寝て、いっぱい好きな人やモノにふれるのが一番いいんだろうな~と思う。嫌いな人やモノ、ムカついたことに対して執着するのは、自分の精神衛生を悪くして自家中毒になるのでやめるべし。

 

私、実は、大学に入るまで外食することすら引け目を感じるぐらい自尊心なかったのだけれど(私なんかが外食をしていいのだろうか…となぜか思っていた時期があった)、自分で自分を育て直すと決めて早数年、今では立派に鶴橋の焼肉屋で限界一人焼肉してるし洒落たカフェでアフタヌーンティーセットとか頼んじゃいま~~~~す!!!!!イエーイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あと院試の勉強の合間に大大大大好きな声優さんの水島大宙さんが主演のアニメ、「瀬戸の花嫁」をプレイバックし始めている。だいちゅうしか勝たん🥺

 

同じ生きるなら好き勝手した方が楽しいので

好き勝手やってやる!好き勝手やってやる!!

好き勝手やり過ぎて島追い出されるんじゃないかなとヒヤヒヤしている所存

いつか島公開したいと思います。需要は私にあります。

 

いろいろ落ち着いたらYoutubeチャンネル開設したいなとか思ってたんですが(高卒認定について語りたいな~と思った)、顔出しというハードルが無理で半ば心折れています。要らんこといって炎上しそうだしね。

このようにやりたいことが無尽蔵に出てくるのは小説がうまくいってないからです!!察して!!