元中卒フリーターが京大院生になる話

報告を。

来年から、京都大学大学院に進学することになりました。

執筆活動と並行して、研究をしていきたいと思います。分野は社会学です。

 

京大ってアクセス悪いけど立地がいいな~って思ってしまうのは、私が河原町や祇園のあたりの街並みが好きだからかもしれない。きらきらと水面を光らせて流れていく鴨川、その川べりに生える雑草のにおい、川床で食事を楽しむ人たちの話し声、等間隔カップル。

京大の院試の面接が終わった足で、友人と待ち合わせて先斗町でランチを食べた。風情のある感じだったのだが、私が店に入った瞬間雨が降り出して、遅れてやってきた友人がずぶ濡れになった。コロナへの配慮で店の扉と言う扉が全開なので、殺人豪雨の雨音に会話がかき消される。なんなの。

とはいえ、半年ぶりぐらいに会えたので、積もる話をした。彼女も大学院の受験生で、試験のために京都に滞在していたようだった。

その後、私たちの共通の友人の男性が合流することになり、三条で落ち合うことに。彼も大学院進学予定者で、既に試験を受け終わっていた。イオンモール草津にいたらしいのだが、わざわざ車でこちらまで来てくれた。

三人全員が知り合い同士なのだが、なにぶんインターネッツで知り合った関係なので、全員が同時に顔を合わせるのは初めてという、ちょっと奇妙なシチュエーションになった。でもこういう距離感スキだ・・・

三条でカラオケ3時間コースに突入し(最後の方眠くて死んでた)、終わるころには夕焼けのまあまあいい時間になっていた。

これから奈良に帰るのしんど、靴擦れやべえ、試験で前泊してて祇園のホテルに荷物預けっぱなしだわ、と嘆いてたら、車で来ていた友人に、祇園経由で京都駅まで送ってもらえることに。

車の中でみた夕焼けが最高にきれいだった。運転していた友人は、車が止まったタイミングでデジカメを構えて、ぱしゃぱしゃ撮影していた。

京都の夕焼けは、本当にきれいだ。

 

◇◇◇

 

勉強のハウツーについて、需要があれば書きたいな~と思ってるんですよね。
担当編集にも、どういう勉強の仕方をしたの?と聞かれたことがあり、ふと。

『パンツははいておけ』で初稿の段階では確か勉強のこともちょっと書いてたんですけど、最終的にだいぶ端折ったんで。

私は独学で、高卒認定、大学受験、大学編入、大学院試をやってきたわけなのですが、世の人はどういうことを知りたいのかな、とちょっと疑問に思っています。

コロナ禍で自学を強いられている(あるいは元から進んでそうしている)人も多いと思うので、「こういう話を聞きたい」みたいなのがあれば、マシュマロという便利ツールを設置しておくので、良かったらメッセージをどうぞ入れてください。もしハウツー的な何かを書くことになったときに、参考にさせていただきます。できれば勉強に関してでお願いします。

現役高校生でも大学生でも再入学でも資格取得中の方でも誰でも、どうぞ。

焼マシュマロとレシートマロだけは勘弁で。
(焼マシュマロはたぶんAIが弾きますが。)

 

マシュマロ