第三十回文学フリマ東京(5/6開催)での出店見送りのお知らせ

 

参加を予定しておりました5月6日開催の第三十回文学フリマ東京ですが、昨今のコロナウイルスに関する状況を鑑みて、出店を取りやめることに致しました。

4月上旬までに検討することを考えていましたが、3月下旬になりましても騒動の収束が未だ見えず、自身の今後のスケジュールを考えた結果、早めの判断をさせていただくことになりました。

楽しみにして下さった方には大変申し訳ない限りですが、ご理解いただけますと幸いです。

また、「第三十回文学フリマ東京」自体は、現在のところ開催予定だそうです。

2020.3.26追記

第三十回文学フリマ東京は開催中止となりました。

 

発表予定であった短編小説集『こちら側のきみ』、中編小説『ビデオの中の私たち』の今後の発表は未定です。

 

 

早乙女かな子

 

Twitterアカウント閉鎖・文學フリマ出店検討のお知らせ

本日はお知らせを2つ、失礼いたします。

 

①Twitterアカウント閉鎖の件につきまして

2月いっぱいでTwitterアカウントの運営を終了しました。

もともと編集者に、宣伝用のツールとして勧められたため、そのような目的でTwitterアカウントを運営しておりました。

ですが、先月おかげさまで『パンツははいておけ 中卒フリーターが大学進学した話』を出版できたこともあり、

Twitterでの宣伝は以上をもって終了することにしました。

以降の執筆活動につきましては、どうぞこちらのホームページでご確認いただけると幸いです。

noteの方では、ブログに近い形の近況報告をしていきたいと思います。

 

 

②文学フリマ東京(5月6日開催)の出店検討

出店を予定している文學フリマにつきましてですが、

諸般の事情により、出店を取りやめようかと検討しております。

主な要因としてはコロナウィルス感染拡大に対する懸念です。

くわえて、その影響で自身の(執筆活動以外での)スケジュールも大幅に変更される見込みがあり、不確定要素が多いためです。

 

少なくとも、4月前半までには参加の可否についてこちらで表明したいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

早乙女かな子

『パンツははいておけ 中卒フリーターが大学進学した話』予約開始のお知らせ

Twitter&noteでも告知済みですがこちらでも予約のお知らせをしておきます。

 

『パンツははいておけ 中卒フリーターが大学進学した話』が予約開始になりました。
発売日は2020年2月20日です。全国の書店、Amazonや楽天ブックスなどの各種通販で販売されます。

 

(以下商品予約ページ)
Amazon/honto/楽天ブックス/7net/HMV&BOOKS/

【Amazon 商品紹介ページよりあらすじ】
パンツは売れども、心は錦。
高偏差値の中高一貫校に通っていたのに、鬱になり中退!
自殺を試みるも失敗し、気がついたら中卒フリーターに。
精神科に入院するなど苦しんだ挙句、「とりあえず大学進学」を目標に決めた著者は、資金を貯めるためにバイトに奔走。
だが、そこでも人間関係をこじらせてしまう。
私の居場所ってどこにあるの?
何をすれば「自分の人生を生きている」と思えるの?
異常なまでに干渉してくる母親に「分身」として育てられた著者は、
警察を呼ばれるほど激しい母娘喧嘩を繰り広げたり、自暴自棄になってパンツを売ってみたり、
果てには援助交際までやってみたりしたが……。

 

第三十回文学フリマ東京(2020/5/6)出店のお知らせ

Twitterでも少し告知したのですが、第三十回文学フリマ出店のお知らせです。

 

〇日程:5/6(水・祝)
〇出店名:とちおとめ書院
〇ジャンル:小説|純文学
〇頒布物:
今のところ未定ですが、出版社から許可取れた場合『パンツははいておけ』を持っていきます。既に購入してスペース来てくださった方は当日本をお持ちくださればサインします。
また、電子書籍で販売している『茶飯女』を紙媒体にしたもの、その他書き下ろしの小説やエッセイなどを用意しようと思っています。

スペースには、早乙女本人と、もう一人お手伝いの方が都合つけばいらっしゃる予定です。

まだまだ先のことなので未確定事項多いですがどうぞよろしくお願いします。

 

第三十回文学フリマ東京の詳細はこちらです。